ライブDVDの動画編集について【ライブDVDの作り方Part3】

映像
記事内に広告が含まれています。

撮影が終わったら編集作業です。本記事では音楽モノの編集フローをご紹介いたします。

目次

動画編集ソフトについて

おすすめの編集ソフトは、BlackMagicDesignのDavinciResolveです。

理由は色彩や明度の補正ができるから。

DavinciResolveには有償版のDavinciResolve Studioがありますが、

ライブ映像の編集は無料版でも全然大丈夫!

編集のフロー

ここから、おおまかな編集の手順を解説していきます。

本記事では作業手順に重点を置いています。具体的な操作方法は割愛します。

DavinciResolveは無料のソフトなので、実際にインストールして使ってみるとわかりやすいと思います。

1.素材の整理

編集の第一歩は素材の整理から。

セッティング風景や撮影テストのデータ等、本編で使用しないデータを削除しておきます。

データを整理することで、編集が格段にしやすくなります。

私は、一旦DavinciResolveのメディアプールに入れてから、

メディアプールの中で不要なクリップをDeleteキーで削除するようにしています。

こうすることで、元の素材は消さずにメディアプールからのみ削除できます。

間違って消しても、素材を入れ直すだけで済むので、怖くないですね。

2.段積み

素材の整理が終わったら、素材をタイムラインに入れて、タイミングを合わせていきます。

基本的に、ライブ映像はマルチカメラ+オーディオレコーダーで収録します。

ここで問題となるのが、録画開始のタイミングがバラバラということ。

よーいどんで録画を始めたとしても、コンマ数秒ほどズレが生じるはずです。

編集では、一番最初にカメラやオーディオデータのタイミングを合わせる作業を行います。

同じ時間軸に複数のカメラとオーディオのデータが積み上がるように、タイミングを合わせていきます。

この作業を「段積み」と呼びます。

3.カット編集

素材のタイミングが揃ったら、余計な部分を取り除くカット編集を行います。

余計な部分をカットした後に、映像の切り替えを行います。

4.カラーコレクション

カット編集ができたら、映像の色調や色彩補正を行います。

特にライブハウスでは、演出でストロボを使用することがあり、点滅が目に刺さり見辛い映像になることがあります。

ストロボなどのメリハリの効いた演出がされている場合は、あえて画面全体を白っぽくして、目に刺さらないようにします。

やりすぎると、白飛びの原因になるので、限度がありますが。。。

加減を見ながらカラー編集を行います。

5.映像チェック&書き出し

編集が一通り終わったら、映像をチェックして、問題なければ書き出しをします。

動画サイトへの共有でしたら、以上で作業完了です。

DVDに焼く場合は最後の工程があります。

6.オーサリング

動画編集ソフトから書き出しただけではDVDに書き込みできません。

DVD用の形式に変換するオーサリングが必要となります。

なお、DavinciResolveにはオーサリング機能が無いため、別途オーサリングソフトが必要となります。

意外と悩ましいオーサリングソフト

adobe encoreが定番のオーサリングソフトでしたが、サポートが終了しています。

DVD自体、流行りではないので致し方ないことですが、、、

ニーズがあるので困りますよね!

無料のオーサリングソフトもありますが、エラーが出ることがあり、業務ではお勧めしづらい部分があります。

業務ユースでは「Toast DVD」が人気ですが、こちらのソフトも2021年で更新が止まってしまっています。

確実性を最重視するなら「EDIUS」のdisc burnerが間違いないですが、ちょっと贅沢な使い方ですね。

私自身も答えが見出せないまま「Toast DVD」を使用しています。

まとめ

以上がライブDVDの制作フローでした。

福山DTM Worksでは動画編集のレッスンや、ライブDVD制作も行っています。

自分でやってみたいという方、全部任せたいという方、幅広く対応しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました