TASCAM PortacaptureX8+UltrasyncBlueで音がズレる原因

映像
記事内に広告が含まれています。

タイムコード同期のため、TASCAM PortacaptureX8とTASCAM AK-BT1、そしてUltraSyncBlueを使用したところ、どうやってもPortacaptureX8の音声がズレる症状が発生、約3日かけて解決策が分かりましたので、共有いたします。

音ズレの原因は「FPS」

まず、Ultrasync Blueを使用する場合、全ての機器のフレームレートは統一させる必要があります。

一番最初に使用したときは、FPSの設定をしていなくて、ズレズレになってしまいました。

カメラのフレームレートがちょっとした罠なので注意。

カメラによっては、30Pと表示されていても、実際には「29.97」ということも。

さらに、フレームレートには「ノンドロップ」と「ドロップ」の2種類があり、設定を間違えると同期が出来ない原因になります。

オススメは、テストでDavinciResolveにデータを取り込んで、フレームレートを確認すること。

sony a7mk4だとドロップフレームになりました。設定を間違えて地獄を味わいましたので、皆様は必ず本番前に確認をしてくださいね。

フレームレートを合わせているのにズレる・・・

フレームレートを一致させて、再度収録をしたんですが・・・

DavinciResolveに取り込むと、PortacaptureX8で収録した音声が遅れてしまいます。

原因はタイムラインの「FPS」

音ズレの原因はDavinciResolveのタイムラインフレームレートにありました。

タイムラインフレームを素材と同じ29.97フレームにしたところ、ばっちり同期できました!

注)メディアプールに素材があると、フレームレートが変更できません。

DavinciResolveの仕様かわからないですが、タイムラインフレームレートの数値がオーディオのFPSになるようです。

FPSをきちんと設定すればピッタリ同期!

まさかタイムラインのフレームレートも統一する必要があるとは思いませんでした。

思わぬ落とし穴にハマってしまいましたが、その後は問題なく制作できています。

本サイトアフィリエイト広告利用しています。

created by Rinker
Timecode Systems
¥36,200 (2024/04/21 20:51:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました